テレビを見る上で必要なのはアンテナです。アンテナ工事は専門的な知識が必要です。住んでいる地域によって必要なアンテナも変わってきます。そこで、自分で工事する場合と業者に頼む場合について考察してみましたのでご紹介します。

自分で工事できるのか?

アンテナ工事は、自分で行ってしまえば取り付け業者に支払う高額な取り付け料金も支払わずに済みます。しかし、自分で取り付けるには専門知識と専門器具が必要となります。ここでは、自分で取り付ける場合の知識や用具、注意事項についてご紹介します。

自分の居住地域にあったアンテナの選び方

地上デジタル放送を見たいのならば、受信するためにアンテナが必要となります。テレビがアンテナを内蔵しているのなら必要ありせんが、据え置き機の場合は、ほぼ必須といってもよいでしょう。そのアンテナを選ぶ…

アンテナ設置の際に必要な道具

家庭のテレビのアンテナ程度でしたら本体の組立はドライバ1本で十分ですが、プライヤーがあれば少し楽になります。これを壁面や屋根に取り付けるには専用の金具をネジで固定するので、電動またはバッテリー式の…

アンテナ設置の際の注意点

新築の住宅などには地デジを受信するためのアンテナが設置されていない時があります。一応配線などはあるでしょうが、肝心のアンテナが無ければ視聴ができません。入居前などに設置をしておく必要があります。で…

アンテナ工事は専門業者に依頼しましょう

自宅テレビのアンテナ工事は、アンテナの向き・アンテナ固定といった工事が重要な事から、専門業者に依頼すると良いでしょう。

業者に頼む場合

例えば自分で屋根に登るのが怖いなど、自分自身でアンテナを取り付けるのが無理という人もいるでしょう。そんな場合には、専門業者に任せるのが得策です。しかし、業者によっては取り付け価格や技術力が異なってきますので業者選びについて紹介します。

信頼できる業者の選び方

極力地元の業者に依頼しよう

見積もりはたくさんとって比較すべき

価格は業者によって大きく隔たりがあります

アンテナを業者に頼んで取り付ける場合は、業者によっては価格がかなり異なるため、複数の業者に見積もりを依頼することが重要です。見積もりを依頼した中で、一番価格が安いところに依頼すれば少ない金額でアンテナを取り付けることができます。だからと言って価格が極端に安いのも不安を抱きます。ただし業者に見積もりを依頼する前にアンテナ取り付けの一般的な相場や、取り付けの方法などある程度の内容を調べておくことも重要です。見積金額だけで依頼して、取り付けの材料が悪かったり、雑な工事をした場合すぐに故障したり破損するようなトラブルが発生する可能性があります。事前に知識を得て依頼する会社の情報などをとっておくことも大切です。

アンテナ取り付け工事に関する補償を確認することが重要です

高いところに上ってアンテナを取り付ける場合、取り付けてすぐに故障したりした場合のアフターフォローがあるか、保証期間が設定してあるかが重要です。自分で昇ってやり直すことは不可能です。中には悪質な業者の場合、粗悪なアンテナや部品を使う場合もあるため、アフターフォローがきっちとできる会社や工事そのものに保証が設定されていることが大切になります。工事をしたばかりなのにすぐに故障して修理を依頼したら、修理代金を請求される様なことがないように事前に保証の期日を確認することがトラブルを解消できる方法です。工事代金が安いのは魅力的ですが工事の中身が重要になります。トラブルが起きた場合のアフタフォローや保証がない業者を選択するのは危険です。

© Copyright Safe Antenna. All Rights Reserved.