アンテナ設置の際の注意点

屋根上の設置は業者に依頼をするのが一般的

新築の住宅などには地デジを受信するためのアンテナが設置されていない時があります。一応配線などはあるでしょうが、肝心のアンテナが無ければ視聴ができません。入居前などに設置をしておく必要があります。では誰がどんなタイプを設置するかですが、理想的なのは屋根上に受信性能が高いタイプを設置する方法でしょう。屋根上に一般の素人が上って設置するのは非常に危険です。過去に設置した経験がある人でも、できれば業者に依頼をした方がいいでしょう。アンテナを販売している業者では、販売だけでなく設置業務も行ってくれます。一緒に依頼をすれば設置費用を多少おまけしてくれたりもするので、設置費用が掛かるからと自分で行うのは避けなければいけません。

方向が違っていると受信できない

テレビ放送をアンテナを使って受信するとき、電波がどこから来ているのかを知る必要があります。衛星放送は空から電波が送られます。ですから空に対して障害物がないところに設置します。必ずしも屋根上に設置する必要はなく、1階などでも受信は可能です。地デジ放送は、その地区にあるテレビ塔から電波が送られています。高い鉄塔や高い山等から送られてきますが、1階などでは受信がしにくくなります。できれば高いところに設置した方がいいでしょう。設置をするときには、電波を送信する電波塔の向きを確認する必要があります。電波塔とは違う向きに設置してもなかなか受信できません。固定をするときは、最も受信できる状態になったところで固定しましょう。

© Copyright Safe Antenna. All Rights Reserved.